最後に、部屋の主な修理は終わった。最終的には最終的に最終的な場所にあるいくつかの仕上げストロークが残っています。床仕上げボードを備えた部屋のデザインです。台座の選択は部屋の外観だけでなく、異なるケーブルを使用する利便性、修理の耐久性にも依存するので、これは非常に重要なポイントです。 店舗や建設市場では、幅広い床面取りボードが提供されています。その中でも、プラスチック製の屋外台座が最も人気があります。これは、このタイプのスカーテイングを敷設および操作する際の価格、品質および利便性の間の最適な関係に起因する。台座が作られているプラ​​スチックは、現代技術のおかげで非常に強く、腐敗したり、腐食したり、水分を怖がらせたりしません。それは機械的負荷に完全に耐えるが、同時に、その敷設に重要な弾力性を保持し、その後、解体する。 プラスチックスワッティングボードの他の利点を考えてみましょう  木製のスカーテイングボードとは異なり、プラスチック材料はセクションやコーナーをカットする必要はありません。ベースボードの一部は、ライニング、ホルダー、特殊プラグで構成された外側コーナーの特別な設計のため、互いに接続するのが簡単です。 プラスチックスカートは容易に切断できます。それは特別な接着剤またはダウエルで積み重ねられているので、アセンブリクリップは必要ありません。 PVCのほとんどの台座には、ケーブルを敷設するスペース、いわゆるケーブルチャンネルがあります。これは非常に便利です。現在、家庭には、損傷しないように隠すことができ、干渉しないようにすることができる膨大な数の電線があります。 プラスチック製のすり板のもう一つの重要な特徴は、それが非常に弾力性があり、それが壁の形状の下でわずかに曲がることを可能にするので、全く壁でもない部屋に置くことができることである。これにより、部屋の美しい外観を提供し、ベースボードと壁の間に湿気や埃が蓄積するのを防ぎ、壁面の小さな欠陥を隠すことができます。 ソリッドカラーであるか「木製」であるか「メタル」であるかにかかわらず、プラスチック製床板は幅広い色調で製造されています。これにより床を考慮した一般的なデザインに合わせて部屋を飾ることができます。樹木の着色を模倣するプラスチックのすりかえ、外観は木製のものに劣らない。また、壁紙に対応して、スカーテイングボード上のパターンを選択することもできます。現代の技術のおかげで、プラスチックスワッティングボードは、MDFや木製の同様のモデルよりも安価に製造できます。したがって、店舗での価格も低くなります。他の素材と同様に、PVC製の台座には欠点があります。この場合、これは環境に優しいことではありません。結局のところ、PVCはプラスチック(ポリ塩化ビニル)です。 したがって、優れた外観、高性能および多用途性により、マンション、ヴィラまたはオフィスのいずれかの仕上げの仕上げにPVC製の台座を使用することができます。
床の被覆の選択が家の快適性に直接依存することは秘密ではありません。現在、建材の市場は、カーペット、ラミネート、タイルなど、床材の幅広い選択肢を提供しています。それぞれに独自の特質、長所と短所があります。それぞれの部屋は部屋に応じて選択されます(開通性、湿度、温度低下などを考慮して)。床を仕上げるための最も一般的なオプション、内部の機能や写真を考えてみましょう。 寄木細工 寄木張りは天然木のみから作られているので、最も環境にやさしい床材とみなされています。特別に加工された固体品種の希少木を選択した材料の生産のため。そのため、寄木細工のコストは常に高いです。寄せ木細工の主な利点は、その表現可能で芸術的な外観です。欠点の中には、ケアの複雑さ、温度および湿度に対する感受性に注目することができる。 ラミネートフローリング ラミネート - 実用性、装飾性、リーズナブルな価格を兼ね備えた床用の優れたソリューションです。ラミネートは、木のほとんどの色や質感を模倣することができます。これは、部屋を飾るときに非常に便利です。さらに、材料は20年以上持続することができ、それを気にすることは困難ではない。 リノリウム リノリウムは、家やオフィス、プロダクションルームなど、ほとんどの部屋で見つけることができます。これは、材料が高い耐摩耗性および耐久性を有するという事実による。しかし、ある種の材料は湿気と低温を恐れ、動作の規則が観察されなければ、リノリウムが割れる可能性があります。 カーペットカバー 多くの人が、カーペットはカーペットだと思っていますが、そうではありません。材料は無制限の長さのロールで製造され、床は床の全面にわたって生じる。いくつかのタイプの昼寝があります:これは長く、中程度、短く、これに応じて、ケアの複雑さが変わります。カーペットの種類、プロパティ、テクスチャ、昼寝などのパラメータが異なるため、ほとんどの部屋やデザインで選択できます。 タイル 最高のタイルは、耐磨耗性、強度、耐湿性、温度差が増しているため、浴室やキッチンなどの「濡れた」部屋に適しています。タイルの床はかなり寒いので、暖かい床のシステムを接続することをお勧めします。現在、建材の市場ではセラミックからPVCまで多種多様な種類のタイルが用意されています。さまざまな色、テクスチャ、テクスチャがあらゆる部屋のデザインを強調するのに役立ちます。 充填フロア
90年代初め以来、他の床材の代替品として積層された寄せ木張りがスウェーデンの企業によって発表されました。これに先立って、1923年以来、このタイプの材料は、装飾的なテーブルトップ、テーブルおよび他の家庭用品を製造するために使用された。何年もの間、この技術は改善され、1977年に生産者は積層した寄木細工の生産を開始するという考えを思いつきました。製品の基礎は特殊な樹脂を使用して高圧下でプレスされた紙であった。生産の開発と新規開発の導入により、自然塗料の代替品として作られたラミネートされた寄木細工は、紙だけでなく木工業界の廃棄物からも生産を開始します。 1994年に米国の850店舗に新しく実用的で取り付けが簡単で安価なコーティングとしてラミネートされた寄木細工を導入した後、この材料の新しい時代が始まりました。カーペット、天然木のデッキ、セラミックタイル、ビニールコーティングなどの材料を建設市場で大きく押さえつけたラミネートされた寄木細工は、比較的短時間で人気の高い人気製品になりました。          モダンラミネート寄せ木とは何ですか? 利点と欠点 インストール手順 選択方法 ラミネートされた寄木細工は、天然の寄木細工の一種ではなく、木質繊維、メラミンとフェノール樹脂の組み合わせである多層の合成材料です。高品質の印刷を有する紙は、保護装飾層として使用される。技術的なプロセスは、樹脂による木材粒子の徐々の飽和にある。生産の次の段階は、高圧かつ高温で通過するシートの形成である。コーティングの主成分は木材粒子であり、プラスチック樹脂の特殊組成の約82%、わずか18%である。完成したシートを上層および装飾層と接合するために使用される特殊な接着剤の品質および組成から、最終製品の強度および耐久性は大きく左右される。 原則として、よく知られた製造業者の高品質の積層された寄木細工は、それぞれが独自の機能目的を有する4つの層からなる: 上部の安定したメラミン層は、薄くて強いフィルムの形で保護されており、パラフィン、ロジン、防腐剤を含んでいます。この層の基礎は、合成樹脂および種々の添加剤である。成分添加剤として、硬度の後、ダイヤモンドの後にランク付けされるアルミニウムまたはコランダムの結晶粒子が突出することができる。これらの粒子を添加した製品は、より高価なカテゴリーに属するが、保護表面の優れた品質は、耐摩耗性の程度が増加したコーティングに言及することを可能にする。特殊な化合物で安定した表面をさらに処理することにより、紫外線や化学物質に暴露されたときに、汚れ、傷、へこみ、フェージングから保護し、高強度を達成することができます。 装飾層は、高解像度の写真が再現された紙のシートからなる。このレイヤーはラミネートフローリングを美しく美しくし、特別な優雅さを与えます。絵は、図面、パターン、木材、天然または人造石の様々なタイプを再現することができます。表面のデザインと構造は、想像力によってのみ制限することができます。近代的なファッションのトレンドは、天然素材を模倣することを目指しています。非常に多くの積層コーティングは、特定の品種の木材、レンガまたは石と区別することが困難です。よく知られているメーカーの高品質製品は、この層の装飾パターンを変更することなく保存するのに長い時間を許す、退色に対して良好な耐性を有する。 コア(コア)はベース層であり、高圧下で圧縮して得られるプレートである。これは、80%の高密度木材繊維からなる。成功のプレートの頑丈な構造は、あなたが地元のショックに耐えることができ、ハイヒールの靴の圧力から凹みを形成しません。最終製品の製品特性および品質は、ボードの強度および安定性に大きく依存する。クロスカントリーの交通量の多い部屋にラミネートコーティングを選択する場合は、主層の機械的安定性と耐湿性の向上に特に注意する必要があります。 下部バランス(安定化)層は、表面圧力を補償することができ、構造的安定性を提供し、パネルの剛性を増加させる耐湿性基材である。さらに、この層は防音特性を有し、遮音機能を果たす。 いくつかのメーカーの製品は、3層になっていますが、安定化層はありませんが、品質の良い設置のためには、この材料を追加購入する方がよいでしょう。
最後の記事では、エナメル塗料を紹介しました。今日、一般的な屋外および屋内の水性塗料についてお話しましょう。水溶性塗料は、異なる表面によくフィットし、素早く乾燥し、有毒物質を放出せず、比較的安価である。水 - エマルション塗料は顔料であり、懸濁しているが水に溶解していないポリマーである。表面に塗布した後、水は部分的に蒸発し、部分的に吸収され、結合剤の粒子が合体して、強いフィルムを形成する。 水溶性塗料は、 フィラー; 溶媒; 可塑剤(塗料の層別化および沈殿を防止する物質); 乾燥剤(硬膜剤); 着色顔料; バインダー。 水溶性塗料は、エマルジョンPVAまたはアクリレートに基づいて作られる。少し一般的な塗料ラテックス。水性塗料による塗装は、それ自身の特徴を有する。詳細はこちらをご覧ください。 バインダーが水性塗料の一部であるという事実(PVA、ラテックスまたはアクリレート)から、コーティングの特性は著しく変化する。 PVAエマルジョンをベースにしたペイントは湿気に不安定で、すぐに磨耗します。ラテックスとアクリレートは互いに「関連している」:合成樹脂です。アクリルとラテックスのコーティングは少し消えてよく洗います。アクリル塗料はラテックスベースの塗料よりも高価ですが、耐久性と防水性が若干高くなります。それは色の違いです。 水性塗料の利点とその応用
壁装飾壁紙は、部屋を装飾する最も一般的な方法の1つです。壁紙制作の技術はまだまだ立たない。近年、この種の仕上げ材には様々な色の海が現れています。したがって、誰もが彼と安全な壁紙のために美しく、快適に自分の家をドレスアップしようとします。 壁紙の質感とその色合いは、仕事の能力、気分、健康、活動など、家のテナントに大きな影響を与えます。また、これらのインジケータについては、全体としての部屋の知覚に依存する。たとえば、パステル調の壁紙、静かな色調の人物、明るく飽和した色の壁紙など - 興奮したり、迷惑をかけることがあります。壁の模様が縦の帯であれば、部屋は大きくて狭く見える。壁の画像が水平な縞の形をしている場合、部屋は実際よりも低くて幅が広いと感じられます。 壁紙の一部の図面の知覚の特徴 菱形の形で描くと、視覚的に部屋を広げることができます。 大きくて頻繁なパターン要素を持つ壁紙はスペースを減らすことができます。 小さくて稀な絵が空間を広げるのに役立ちます。 小さな部屋では、明るく、コントラストのある、または大きなパターンを使用することは望ましくありません。すなわち、部屋のサイズが小さいほど、壁紙の画像が浅くなり、壁紙の背景が明るくなります。 より大きなパターンのパターンの場合、色はより柔らかくなければなりません。 壁紙の落ち着きの良いパターンは、精神的バランスを維持するのに役立ちます。 部屋が隣接している場合、ある部屋の色から他の部屋の色への遷移はできるだけ滑らかでなければなりません。 混沌とした多様なパターンは不安を引き起こし、空間を狭める。 キッチン、バスルーム、トイレ、廊下では、最も耐久性と耐湿性があるので、ビニールの壁紙を接着するのが良いです。さらに、そのような壁紙上のパターンは、模擬セラミックタイルまたはレンガを可能にする。
モダンな内装に使用されている最も古くて珍しい装飾材料の1つがモザイクです。特に面白いオリジナルの外観の表面は、着色されたガラスsmaltで塗装されています。 モザイクガラスは、いくつかの成分を含む珪質砂の合金である。透明なガラスに絵を描き、美的魅力をさらに増すには、色々な色を作ることができる金粉、アベンチュリン、その他の物質を加えます。 ユニークなドローイングを作るために数多くのガラス要素を配置するのはいいことです。これは骨の折れる仕事です。近代的なモザイクは仕上げの作業に非常に便利です:小さな紙の四角は、塗装されたガラスの小さな断片を組み合わせています。これらの四角は、壁、床、天井に適用され、最終的な分析で完成した構成を構成します。 ホームインテリア 作業エリアでモザイクキッチンエプロンとカウンタートップを飾る。この場合、材料が劣化し、汚れてしまい、洗い流すことができなくなることを恐れないでください。ガラスモザイクは、強度、耐久性、外部からの影響に耐える能力を持つ製品です。 リビングルームでは、モザイクパネルを作成したり、暖炉のガラスで暖炉を整えたり模倣することができます。アパートの家具がとても好きな場合は、緑の角を作ってモザイクで飾ることができます。効果は素晴らしいです! ガラスモザイクは、その防水品質のために広く浴室の装飾に使用されています。壁には、光の中に注ぎ込まれ、水の小滴から新しい色を演色する着色ガラスの元の画像が作成されます。ガラスは滑りやすいので、床にあるバスルームにそのようなモザイクを置かない方がいいです。 モザイクコーティングは、敷地内だけでなく、カントリーハウスのオープンバルコニー、ロッジア、ベランダにも素晴らしい気分になります。この材料は、あらゆる温度、光への暴露、および自然の水分に耐えることができます。 公共のインテリア 多くの場合、ガラスモザイクは、オフィス、商業およびその他の公共施設の内部仕上げに使用されます。それは、官庁の地下鉄の壁に見られる。実用性が高く、一般的な分野のタイルを簡単に置き換えることができます。ガラスモザイクは、世紀から一世紀にかけて完成されており、複数の世代の人々に役立つ材料です。
仕上げ材の選択は修理の重要な段階です。タイル、壁紙、木材、石はすでに標準的な内装装飾と考えられています。これは奇妙なことではありません。なぜなら、それぞれにユニークな性質、長所、短所があるからです。しかし、今日は部屋を仕上げるための他の多くの興味深い材料があります。それらの1つは、壁、床、さらには天井を仕上げるための、絶対的に環境にやさしい新しい自然な方法であるコルクのカバーです。 コルク塗料の特性と範囲 コルクは、多くの利点を持つユニークな素材です: 耐湿性(これは浴室と台所にとって重要です)。 腐敗しない(バクテリアにとって不利な環境である)。 生態学的に安全な物質と考えられている。 自然でユニークなテクスチャ(ほぼすべてのインテリアを補完する)を持っています。 主な違いは材料の柔軟性です。変形後、コルクは元の形状に戻ります。これは、床カバーとして使用されたときに特に目立ちます(柔らかさと歩きやすさが感じられます)。 すべての上記の特性のおかげで、コルクコーティングはどこでも使用されています:水分や攻撃的な環境に耐性を持って、それは浴室やキッチン、オリジナルの外観と独特の質感が居間やベッドルームのインテリアを飾ることができます。環境にやさしさと自然さは、子供用の部屋には理想的です。 内部のコルクの種類 コルクは様々な仕上げ材で広く使用されています: コルクをベースにした壁紙; コルク壁タイル; 床コルク:タイル、寄木細工;
加熱システムに使用されるポリプロピレンパイプは、形状が高温で変化することを防止し、システム内に発生する酸素の拡散に対して能動的な障壁となる繊維またはアルミニウムインサートを有する。冷水および排水用配管には、そのようなインサートはありません。床暖房システムでは、ポリプロピレンパイプを使用することを推奨しています。ポリプロピレンパイプが厚く、コンクリートベースの圧力に耐えられるからです。過熱および偶発的なやけどを避けるために、銅管を絶縁する必要があります。 もちろん、ポリプロピレンパイプを外部加熱システムに使用する場合、ポリプロピレンパイプは、特にジョイントおよびジョイントにおいて、銅管に対する審美的条件が劣る。したがって、ポリプロピレンを選択する場合は、パイプラインに特殊マスクを使用して、加熱システムの審美的要素を増やす必要があります。 2つの同一設備(銅の1つとポリプロピレンのもう1つ)の財務コストについては、最初のものが20%高価になります。このためには、銅製の編組に使用される材料にペースト、スズ、ガスの追加コストを加える必要があります。効率の面では、ポリプロピレンは、小さな熱伝導率を特徴とするため、利点を有する。銅の場合、この係数は、厳しい絶縁を課すことによってのみ増加させることができる。さらに、ポリプロピレンは化学腐食に強く、セントラルヒーティングシステムを清掃するときに現れます。蒸気が形成されて酸化する銅とは異なり、ポリプロピレンはこの現象を回避しています。 材料の利点 ポリプロピレンパイプは、近年、配管作業に最も多く使用されています。これは、多くの利点があるためです。 ポリプロピレンの利点 追加の分離を必要としません。 最小の熱損失を有する。 簡単にインストールできます。 特別なメンテナンスは必要ありません。 審美的な外観; 住宅の配管を交換する必要がある場合には、ポリプロピレンパイプがこの問題に対する最も最適な解決法であることが証明されている。 銅管の利点: 有害物質には絶対に不浸透性である。
map